脂肪肝は怖い症状でしじみが効果的

脂肪肝という言葉を良く聞くかと思います。この脂肪肝と言うのは本当に怖い症状です。まず食事で摂った脂肪は小腸で脂肪酸に分解され、肝臓に送られます。しかし、糖分や脂質を摂りすぎて、肝臓に送られる脂肪酸が増えると、肝臓で脂肪酸から作られる中性脂肪が肝臓に溜まってしまうのです。またアルコールを飲みすぎる事でも肝臓に中性脂肪が溜まります。

皮下や内臓に中性脂肪がたまると肥満になりますが、これが肝臓に溜まる事で脂肪肝になると言うのです。つまり脂肪肝とは、肝臓がフォアグラのような状態という表現をされる事が多いですね。確か巨人の工藤選手(現ソフトバンク監督)が毎晩飲み続けた結果、肝臓がフォアグラのようになっていて、それでも登板をしていたというテレビ番組を見た事があります。

通常健康な肝臓でも3~5%の脂肪を含んでいますが、具体的には5%を超えた時点脂肪肝と言われます。脂肪肝になっている組織を顕微鏡で見ると、肝細胞内に球状の脂肪が異常に増えているのがわかります。正常な肝臓の脂質は、約3分の2がリン脂質で占められ、主に細胞の膜を構成し、残りの約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸になってしまいますところが脂肪肝では、中性脂肪が異常に増加して大部分を占め、コレステロールやリン脂質が蓄積することはほとんどありません。脂肪肝は年代では30~70代に多く、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発しています。性別では男性のほうが多く発症します。アルコール性の脂肪肝の場合は、放っておくと肝硬変に進むこともありますので注意が必要となってきます。

そこでしじみに配合されているオルニチンやタウリンなどの必須アミノ酸が脂肪肝には効果があると言われているのです。肝臓の働きを助けてくれて、肝機能を高める効果が非常に強いのでしじみはお酒飲みの人に好まれる食材となっているのですね。この脂肪肝は本当に怖い症状でですが具体的な症状(どこかが痛いなど)がないので、定期的に健康診断にいかないとわからない症状です。肝硬変から肝臓がんになってしまう方もいるぐらいですので、しじみの成分と定期的な健康診断はセットにしたいところですよね。